社長あいさつ

笠原通当社は、昭和41年に造園会社として、作庭や庭園の管理などの業務を柱に据えて先代が創業しました。
平成も半ばに差し掛かかった、平成14年には、公共事業なども幅広く手掛ける長野県林業開発総合センターと合併し、公共事業に本格参入し、国土交通省をはじめとする大型の公園事業から、道路築造などの公共事業を手掛けるようになりました。
平成最後の年には、株式会社トレドより営業譲渡を受け、従来の造園事業を大きく拡充し、個人邸を中心とするエクステリア事業を本格的に行うこととなりました。エクステリア事業は、造園力をもつ当社は、他社にはない強みと考えています。

造園の魅力と社会的責任

植物は生き物です。動物のようにレスポンスはよくありませんが、手入れの結果は確実になんらかの反応が出ます。樹木と会話することはできませんが、そのゆっくりとした歩みを通して、決して語ることのない木々と心を通わせることが大切です。
同じことが人間同士でも言えると思います。ひとと人とを結ぶのは言葉だけではありません。思いやりや態度、考え方・・・その接し方が人となりを形成し、よりよい社会を構築すると思います。
社会基盤を構成する土木構造物や建築物。一方、緑化は必ずしも必要な社会資本とは言えないかもしれません。しかし、庭木や、鎮守の森、里山をはじめとする森林風景。これらは遠い祖先が私達のために残してくれた大切な宝です。これらの資産を次の世代へ受け継ぐこと、そして新たに次の世代へ残せるものを造ること。小さな庭の小さな木でも、語られることのないものにも、そこに想いは込められ、受け継がれていくべきものを創造し継承する。それが私達の社会的責任と私達の使命です。

私達のこれから

創業から事業を拡大してまいりましたが、まだまだ小さな一地方企業に過ぎません。また、法人としてはまだまだ歴史の浅い未熟な会社です。
これからの時代を育み受け継ぐ世代のために、より価値のある資産を残し、緑を通して人を育ててゆくことが我々の責務と考えます。先代から受け継ぐ人を大切にする心、誠実に仕事を行うことを常に念頭に、社会に貢献してまいります。

会社のスローガン

「林業笠原造園で働く仲間の永続的な幸せを第一の目標とし、

お客様から選ばれる企業を目指す。」

持続可能なで永続的に続く社会基盤を築くためには、そこで働く仲間が幸せでなければなりません。不幸からは良いものは生まれません。お客様により良いものをご提供するために、私達は職場で働く仲間の幸せを第一と考え、皆で協力し会える会社づくりをしています。

会社概要

商号

林業笠原造園 株式会社

本社所在地

〒380-0803
長野県長野市三輪10丁目15番7号
TEL:026-243-2648 / FAX:026-259-3451

トレドロゴ
●SHOP
〒381-0021長野県長野市屋島2273-1
TEL:026-266-9522 / FAX:026-266-9408
屋島信号交差点、屋島神社前

 

造園土木事業部

〒381-2203長野県長野市真島町川合1456-1
TEL:026-283-6170 / FAX:026-283-6165

登録免許

  • 建設業 
    長野県知事許可(特-31)第24718号
    土木工事業、とび・土工事業 石工事業 舗装工事業 造園事業 水道施設工事業 解体事業
  • 産業廃棄物収集運搬業
    長野県 長野県 長野県 第 2008100501号
    廃プラスチック類 紙くず 木くず 繊維くず ゴムくず 金属くず ガラスくず コンクリートくず及び陶磁器くず がれき類(廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリート くず及び陶磁器くずは自動車等破砕物を除く)いずれも特別管理産業廃棄物を除く
  • 一般廃棄物収集運搬業
    長野市許可 第10223号
    事業系一般廃棄物:可燃ごみ、資源物(紙類、缶類、びん類、ペットボトル)、木くず(伐採木、剪定及び流木に限る。)・刈草
    家庭から一時的に多量に排出されるごみ:可燃ごみ、不燃ごみ、資源物((紙類、缶類、びん類、ペットボトル)、木くず(伐採木、剪定及び流木に限る。)・刈草
  • 古物商 長野県公安委員会 第481051200005号

資本金

4,480万円

業務内容

  1. 公園緑地及び造園設計施工
  2. 住庭庭図の設計・施工・メンテナンス
  3. 土木建築宅地造成・設計施工
  4. 測量・設計・監理業務
  5. 緑化木販売
  6. 樹木診断保護業務
  7. 観光施設の造成・管理
  8. 農機具の販売、機械修理、中古販売

商号

林業笠原造園 株式会社

役員

代表取締役  笠原 通
専務取締役  西 芳幸
取締役常務  徳武 勝
取締役    笠原 景子
取締役    髙田 幸生

有資格技術者

1級造園施工管理技士9名
2級造園施工管理技士11名
1級造園技能士1名
2級造園技能士4名
1級土木施工管理技士5名
2級土木施工管理技士3名
二級建築士2名
樹木医2名
緑の安全管理士2名
希少植物保護監視員(長野県)1名
街路樹剪定士11名
測量士1名
自然再生士1名
 芝生管理技術者1名

その他

環境省エコアクション21認証平成22年 9月
長野市エコサークル(ゴールドランク)認定平成25年10月
長野県産業廃棄物3R実践協定締結平成23年 4月
長野県「社員の子育て応援宣言 
長野県「職場いきいきアドバンスカンパニー
長野市「消防団協力事業所
長野市「COOL CHOICE
LIXILリフォームネット
Takashoライティングマスター
 

沿革

  • 昭和41年 4月 個人事業として笠原造園を創業
  • 昭和44年 9月 有限会社笠原造園を設立
  • 昭和47年 2月 株式会社長野県林業開発総合センター設立
  • 平成 6年 3月 株式会社笠原造園に組織変更
  • 平成14年 8月 笠原造園株式会社と株式会社長野県林業総合開発センターが合併し、林業笠原造園株式会社に商号を変号
  • 平成30年 6月 株式会社トレドより事業譲渡を受け、エクステリア事業を強化​